レンタカーの基礎知識

レンタカーの基礎知識

レンタカーとは有料で車を貸し出すことです。

 

時間制もしくは何日単位で借りることができ、空港にはもちろん最近ではいろんな場所にレンタカー業者があるため、気軽に借りることができます。

 

車の種類は、軽自動車、コンパクトカー、小型車、セダン、ベンツなどの高級車、貨物車としてトラックやバンもあり、大型のバスなどの種類が、沢山あります。

 

レンタカーのナンバーは「わ」のナンバーになっています。

 

レンタカーを利用する際は、運転する人の運転免許書が必要になり、業者の方からの利用方法や事故がおきたときの説明があります。

 

説明を聞いたら、車に傷がないか一緒に確認をします。

 

もし、借りる前に傷がある場合は用紙にどこに傷があったか記載されます。傷確認が一緒にできたら、鍵を受け取り利用する事ができます。

 

最近では、車を持っていない学生が遠出などするときに借りたりしていて、人数が多ければ割り勘にすれば一人の手出しが少ない為、気軽に借りてる方が多い様なきがします。

 

レンタカー会社もたくさんあり、会社によって値段が違ってきます。今ではガソリンスタンドでもレンタカーをしている所があります。

 

レンタカーを借りた際はガソリン満タンにして返すのが常識です。

 

レンタカー予約なし※危なかったです、これで間に合う!